2014年09月12日

Jobs氏だったらやらなかったと思われる製品やサービス群

スティーブ・ジョブズが亡くなり来月で3年になります。

ジョブズ氏の死去以来、iPhone 5、iPhone5S、 iPhone5C、iPhone6, iPhone 6 プラスとiPhone 4から4世代目のiPhone 6 が発表されました。iOSやCPUチップも順調に進化しています。
とは言え、ジョブズ氏亡き後のAppleの革新的製品の開発が滞るのではないかという危惧も絶えることはありません。
実際この3年間でおやっ?、どうだろうと思うような製品やサービスもありました。次はジョブズ氏だったら絶対にOKしないだろうと思われる製品やサービス群です。

-------------------------------------------
1.不完全なApple Map の公開
-------------------------------------------
ジョブズ氏がGoogleのAndroidに対して「iOSの真似だ。」と憤ったのがきっかけでApple Mapの開発につながったようです。ジョブズ氏の遺志を実現しようと急いだのかもしれませんが、余りに未完成なままに公開されてしまい、大変なクレームとなってしまいました。
簡単にチェックをすれば明らかに不完全と分かるようなアプリが何故公開されてしまったのでしょうか?ジョブズ氏死去からまもなくということも有り、混乱のうちに公開されてしまったのではと思います。

-------------------------------------------
2.iPhone 5C の発売
-------------------------------------------
iPhone 5C の"C"はCheapの"C"だとか、Colourの"C"だとか噂をされましたが、iPhone 5の性能を落とし、かつプラスチックの筐体にしてiPhoneの廉価版として販売されました。
しかし、最先端の性能、使いやすさ、更にセンスの良いデザインを求めている iPhone のユーザーにはiPhone 5Cはアピールしませんでした

-------------------------------------------
3.ライトニングケーブルの認証化
-------------------------------------------
iPhone は初代からUSBケーブルを通してパソコンやコンセントからの充電を可能にし、それまでの電源パックを不要にしました。お蔭で携帯のユーザーはメーカーごとに電源パックを買い換える必要がなくなり、毎日の充電が便利になりました。
それがライトニングケーブルに引き継がれたのですが、何と認証が組み込まれ、サードパーティの製品はOSの変更の度に使えなくなってしまいました。サプライ製品のケーブルからも収益をあげる為でしょうが、ジョブズ氏はそのような排他性は極力排してサードパーティーのiPhoneへの参入を意図していたと思います。

-------------------------------------------
4.ゴールドの発売
-------------------------------------------
5Sからはホワイトとシルバーグレーの他にゴールドが加わりました。
確かにゴールドはおしゃれ感はありますが、多くの人は保護のため、おしゃれのためにカバーを工夫しています。製品の本質に関係ないバラエティーにジョブズ氏であれば関心がなかったでしょう。

-------------------------------------------
5.iPhone 6、6プラス の発売
-------------------------------------------
さて今回はこれまでの 4インチ画面から、画面サイズを大きくしたiPhone 6 (4.7インチ)と共に、更に大画面のiPhone 6 プラス(5.5インチ)が発売されました。
iPhone 5 及び 5S の 4インチ 画面は現在は小さく感じます。一方、ポケットからさっと取り出して片手で操作出来る便利さはiPhoneの大きな魅力の一つです。
小さな変化とは言え4.4インチ位で押えて貰っていれば、片手での操作も可能ではなかったでしょうか?

またデカデカサイズのiPhone 6プラスは、群雄割拠のAndroid 陣営の主戦場で競合することになります。画面サイズや画素数、カメラやチップの性能、安価なスマホの抬頭と多士済々のAndroid スマホと同じ土俵ではApple と言えども劣勢と思われます。何しろシェアは9:1と圧倒的にAndroid が優勢です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
iPhone 6プラス に関しては次のような痛烈な皮肉が有ります。
ごめん、ガマンできなくて言っちゃったよ:http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4198
posted by sunshine at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。