2006年03月17日

個人の活躍

 企業や組織がWEBサイトを公開するのは宣伝にもなるし、それにより現実のビジネスを展開できるので何も不思議はありません。

 特にソフトウェア関連で多く見かけますが、個人が良質なホームページを惜しげもなく公開してくれています。この傾向はBlogの普及により加速しています。何で忙しい中を時間を割いてせっせと情報をアップしてくれるのでしょうか(Blogの場合は情報と言うより、日記風の物が多いのですが)?

1.自分の意見、考え方に共鳴してもらいたい、又コメント等で他人の意見も知りたい。
2.自分の知識、ノウハウを公開して参考にしてもらいたい。
3.自分のサイトが反響を呼び、新しい人脈作りや収入につながる機会になるかも知れない。

 と言うような動機ではないでしょうか?人間の欲求の中でも一番高い段階という「自己実現の欲求」と言う感じがします。閉じたサークルではなくて、誰でもアクセスできる公開の場である、と言うことがこの欲求を更に刺激しているように思います。

 又、自分のコメントを公開すると言うことは、例え匿名であったとしても、その為に色々調べたり、分りやすく読んで貰えるような工夫をする努力もされると思います。他人からコメントを頂ければ、それこそ嬉しいことですし、自分が気がつかなかった面からの指摘を頂ければそれも参考になるでしょう。「情けは人のためならず」と言う言葉が浮かびます。
 このBlogにはコメントもトラックパックも一向に付かなくて寂しい限りなのですが。

 インターネットは、これまでの企業やマスコミの情報が中心であった社会から、個人の発言や口コミ的なコミュニケーションが重みを持ってくる社会への、重要な手段を提供していると思います。


posted by sunshine at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。