2010年07月09日

Twitterの衝撃−3:Ustreamの紹介

ソフトバンクの株主総会をUstreamで実況中継されるのを見ました。孫社長のプレゼンテーションのリアルタイムストリームと共に、その画面脇にUstreamを視聴しているユーザーの感想が次々とチャット風に表示されます。

 

プレゼンを一緒に見ている人がどう反応したのか、どう思ったのか、1秒間に何個というコメントが表示されます。初めてそんな効果が実感できました。

 

プレゼンをしながら、反応を確かめるのは難しいでしょうが、後からああいったことを紹介したら、こんな反応だったんだ、と参考に出来ます。

 

また視聴者にとっても、人がどんな感想を持ったか、どんなインパクトを与えたか、どんな点に興味を持っているのかがリアルタイムで分かりますので、プレゼンを多面的に評価出来ます。

 

セミナーや講演会でも、他の人と話して初めて色々な視点に気づく物ですが、そんなことが簡単に可能になりました。



posted by sunshine at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。