2010年11月02日

Twitterの衝撃−9: Twitterの世界

携帯メール(SMS)での最大文字数から決められたと言う、140文字の制限がTwitterの性格を決めていると良く指摘されています。



とにかく余分な物を一切省き、伝えたい内容、事柄のみを端的に発信、受信することになります。もう少し意図を説明しようとか、状況を分かりやすくと言う余裕がありません。

しかし、実際はかえってその方が内容がストレートに伝わる、と言う感想をお持ちの方が多くないでしょうか?

長いスピーチはすぐに出来るが、短いスピーチは準備が必要と言う話があります。私にとっても、Twitterに限らず簡潔明瞭なメッセージ、要点は何か、力強いメッセージの発信、というコミュニケーション方法の大事さを再認識しています。

もう一つの発見として、ブログ等これまでネットでの発信は一部の有名人を除いては仮想空間と言う感覚でした。TwitterやFacebookでは有名人、スターだけでなく、多くの一般ユーザーが実名、本人の写真入りでツイートしておられます。ネットは最早バーチャルではなく、リアルな空間へ転換しつつあると感じます。



posted by sunshine at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。