2010年12月27日

Twitterの衝撃−10: Twitterと Facebook

ソーシャルネットワークの2大サイトとして、TwitterFacebookが挙げられると思いますが、Twitterにはアメリカの西海岸の文化を感じる一方、Facebookには東海岸の文化を感じます



と言うのは、Twitter では実名でもハンドルネームでも自由気ままなつぶやきで、「今どこにいる。」と言ったごく個人的な事から、食べ物、政治、ビジネス、スポーツとトピック社会生活全般にわたっています


誰をフォローするか、誰にフォローされるかも全く自由で。好きな時に自分のTL(タイムライン)上の脈絡のないコメントを眺めたり、何でも良いのでふと思いついた事を140文字以内でつぶやく事になります。

もちろん、興味の有るつぶやきを見つけてその人のTLを見てみる、あるキーワード(# ハッシュタグ)についてのTLを追うと言う事も出来ますが。



一方、Facebook ではほぼ実名が前提であり、お互いの個人情報をある程度把握してコミュニケーションを進める、と言う形になります。


何らかの共通の興味を持った人同士が集まりやすい仕組みになっているので、ビジネス目的にも馴染みやすいと思われます。オフ会も極く自然な形で開催されます。Twitter と違い、ある程度のコミットが必要とされます。



両者のサイトの運営にも大きな違いがみられ、Twitter ではインフラの提供をする物のユーザーへの関与は最小限に押さえられ、機能の追加も稀です。Facebook ではサイト側が積極的にユーザーにアプローチをし、「いいね」クリックや、友人紹介等をしています。



Twitter には種々雑多な人間社会の膨大な情報が蓄積され、Facebook には組織だった膨大な個人情報が蓄積されています。

極端な言い方をすれば、Twitter mess (混乱、雑多)世界、Facebook conspiracy(謀議、組織)世界と言えないでしょうか?


twitter: http://twitter.com/

Facebook:http://www.facebook.com/




posted by sunshine at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。