2011年12月04日

スマホの音声認識

音声入力.jpg携帯(iPhone)の音声認識を利用することが多くなりました。性能の向上が素晴らしい。

7、8年前だと思いますがパソコンソフトの音声認識を利用したときには、6〜70%の認識率で使いものになりませんでした。

今は周囲に多少雑音があっても、97,8%くらい聞きとってくれます。つまり、100文字で1,2文字の間違いです。

例えば訪問先の場所が分からず、歩きながらGoogle検索で「渋谷 ○○○ビル」と発音すると、そのビルの情報 ー 地図、アクセス、電話等を表示してくれます

一度、Googleが電車の中吊り広告でそのような宣伝をしていました。利用者は美人のモデルで、交差点で急ぎながらレストランの場所を検索している、という設定でしたが。

---------------------------
私の場合は、キー入力より便利になりつつある程です。歩いている時にも使ったりしています。

日本語の場合、現在は音声認識アプリを使い、それをメモやメールにコピペしなくてはいけないのが難点になっています。

英文の場合は、フリック入力に音声入力アイコンがあるので、アプリを切り替える必要がなく便利なのですが。

音声入力はオフィス、車内、静かなレストラン等のクローズな場所では利用しにくいのと、ホームに電車が入ってきて騒音がひどい等、周囲の環境に問題がある場合は使いにくいという点もあるでしょう。

Google検索、Google翻訳等のアプリは無料で利用できますので、皆様もお試しになって下さい。今の音声認識の技術、品質、利用方法に一目置かれるようになるのではないでしょうか?

posted by sunshine at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。